So-net無料ブログ作成

トンイ あらすじ 31

トンイ あらすじ 31

トンイを自分が寵愛し特別に尚宮の地位を与えると重臣たちに宣言した。
その地位によって重臣たちがむやみにトンイに手出しできなくするためだった。
何も知らずに殿下が用意した礼服を着て入宮したトンイ。
みなが自分に礼を尽くすのを見てトンイは尚膳が誤解していると殿下に告げる。
だが粛宗はトンイに対する気持ちは本心だと用意していた指輪を渡し、
自分の気持ちを受け入れてくれるか考えてくれと宗の内をトンイに告げた。
トンイも同じように粛宗に心を寄せていたが、
剣契の首長の娘で追われる身だということを隠したまま粛宗の気持ちを受け入れ
そばにいられないと悩んでいた。
そして父と兄の命日に宮廷を抜け出し、2人が死んだ絶壁に向かうのだった。
トンイが粛宗を心から思っていることを知っているチョンスは、
粛宗にトンイへの気持ちを尋ねるのだった。
粛宗のトンイに対する思いを知ったチョンスは、
粛宗にトンイの居場所を教えるのだった。
粛宗に対する気持ちを隠しきれないトンイは粛宗のそばにいようと決心するのだった。


★トンイ 全話みる★   楽天
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
Copyright © タイムマシーンに乗って All Rights Reserved.
ノンアダチャの楽しみ方

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。